Party Knights 全曲解説その4

全曲解説その4

4. サンプリングStreaming




結構前からライブで最後の曲としてやってたのがこの曲!



音はパーセントTerroristの解説でも書いた俺らの曲作りの歴史にあった

「変拍子に異常にハマってる期」

から脱却したかったのと、
ちょうどエターナルをA.O.Wがカバーしてくれだした頃ってのもあって、エターナルに代わるわかりやすい曲を作りたかったのが主なコンセプト。



結果行き着いたのがPOPSの王道の流れをそのまま踏襲してみようと。


AメロBメロサビAメロBメロサビCメロサビ



みたいな。サビはわかりやすくサビとわかるような構成にして。



およそハードコアバンドの思考回路じゃねえ 笑



で、演奏の大元ができた段階で今まで一回もメロなんか乗せたことないのになぜか俺がサビで乗せるメロを思いついちゃって。


たぶんとある大御所ハードコアバンドのライブ映像をかなり観てた頃だからそのバンドの大合唱にモロ影響受けたんだろうけど。


ただ、歌うまいヤツも、熱く歌えるヤツも、ドスが効いた感じで歌える奴もいないからたぶん無理だろうななんて思いながらボーカルの打ち合わせで試しに歌ってみた。



したら意外とみんな気に入っちゃって即採用。そんでこの曲だけ大合唱系になったわけ。



で、歌詞は俺がテーマ考えてみんなで作るパターン。



この曲はサンプリングをするとか、モノマネをすることが軽んじられてないかって思ってて。
独自性だけが価値判断基準になるとちょっと違うんじゃないかなとおもってることをテーマにしてみた。



この曲はすながの歌詞がすげーいい。いい意味で青いなと。俺らの立場、立ち位置でバンドやってるヤツしか書けないようなこと書いてるし。大好き。




あとはコーラスの話。レコーディング終わって聞いてみると、3人ボーカルだけでサビを歌うとかなり寂しい。



なので急遽北浦和キャラに久保田が乗り込んでコーラスをお願いするという暴挙にwww



ホントに急遽対応してくれて、コーラス録りをしてくれたノリ(KBC)には感謝。




あ、あとfeat.でENSLAVEガッツさんにやってもらってるんだけど、これ、はじめからこの曲でやってもらおうと思ってたわけじゃなくて実は8曲目「ORION」のマイクリレーに参加してもらおうと思ってたんだよね。





そんで打診してみたら私歌詞作れないからムリだと 笑




でも俺らがやり始めた10年前から仲良くさせてもらってるガッツさんには絶対にやってほしかったからこの曲で急遽フレーズ増やして参加してもらった。




ま、そんなことより録り終わった後カラオケでガッツさんが歌った大黒摩季が忘れられないす 笑