いかに



肉を撮るコダワリ。






生々しく、グロテスクに、そして圧倒的な接写。



そう、肉にはいつでもクレイジーでいたいのである。


ちなみにこれは昨日のタケノツカ



あいもかわらずの肉熱量である。